【カリスマが担当しているお客様へ、、、続き】

体験談

先輩社員の大切なお客様が

せっかく来店してくださっていた中、

お客様がお持ちの

バッグについているチャームのシルバー部分が

経年劣化のためくすんでいたのを発見。

そこで先輩が休憩から戻ってくるまで

時間が15分ほどあったので

お客様へ

「よろしければお待ちいただいている間チャームをお預かりして

お磨きできますがいかがでしょうか?」

と申し出ました。

このお磨きはサービスなのでもちろんお客様からは

お代金は頂戴しません。

お客様からもせっかくなので

「ではお願いします。」

とのことで、

いざお預かりして、シルバー素材とコーティング液を

用意してクリーナー溶液に

入れようとした瞬間、、、、、。

手を滑らせてしまい、

あろうことかチャーム本体の革部分のところまで溶液につけてしまい、、、、。

その後はみなさん想像できますよね。

私の頭の中は一瞬で真っ白になりました。

お客様の大切なチャームを

しかもよりによって自分から申し出たのに

革部分もとんでもないことになってしまい。

すぐさま上司にも正直に報告しました。

上司も故意にやっていないということも察知してくれ

お客様へも正直に一連の流れをお伝えしました。

お客様からお叱りを受ける覚悟でお詫びしましたら

「AYAKOさんが一生懸命に磨いてくれたし

革の部分がダメになっても大丈夫よ。」

とこうおっしゃってくれたのです。。。

今までカリスマの先輩のみにしか対応をさせては頂けなかった

お客様にまさかの大失態を犯してしまった

この私にお客様は

後日同じチャームの在庫があったので

新品のチャームへ取り換えさせていただきましたが

その時も

「わざわざ新しいのにしなくても良かったのに。」

とまでおっしゃっていただけました。

おかげでこのお客様(ご夫婦)とはいまだに

ご縁あって仲良くさせていただいておりますが

同時にお客様にも恵まれてとても感謝しています。

連日おっちょこちょいな事件を起こしてしまう私ですが

今日はこの辺で失礼いたしますね。

お休みなさいませ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました