【2歳の娘の一言に、、、】

日常

こんばんは。Ayakoです。

しばらく遠出を控えていたのですが

先日義父と主人と娘の三人で車で1時間半ほど

かけてドライブして参りました。

とある有名な観光スポットでもある鍾乳洞までいってきました。

娘はちろん初めてで

薄暗いトンネルの中へどんどん進むに連れて

肌寒く感じるくらい中はひんやり。

トンネルの中をくぐっていくと

所々薄暗く、大人の私でも時より

怖く感じたのですが

私が娘に冗談交じりで

「このトンネルの中暗くて、ママ怖い~。」

と伝えたら

「ママ、○○(娘の名前)がいるから大丈夫よ」

と。こう私に言ってくれました。

2歳になったばかりの

娘が私がいるから大丈夫よ。

と。

この2年間あっという間に時が流れて

日々子育てに追われていましたが

それでも

娘がこうして相手を気遣う一言を

伝える事が出来るだなんて

涙腺がもろくなってきました。

私たち夫婦は毎晩

娘が寝る前に、1日の振り返りをお話しながら

寝るようにしていました。

長年、不妊治療を続けて

やっとの思いで授かることができた

娘には心の優しい女性へと成長してほしい。

と親心ながら願うのでありました。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました